更年期障害と闘う貴女へ|理由を知れば安心できる

医師

がんを退治する免疫力

医師と女性

再発防止のポイント

がん細胞には、全身に散らばって増殖するという性質があります。いわゆる転移です。従って、仮に外科手術によって切り取ったとしても、残念ながら再発の可能性は否めないものなのです。ただ、人間には本来、がんに対する免疫力があります。がん細胞は、誰しも毎日、体内で3000〜5000個誕生しています。しかし、NK細胞という、がん細胞を攻撃する免疫細胞が人間の体内に備わっていて、がん細胞を退治しているのです。この事実を踏まえると、がん患者のNK細胞の機能は低下しているということになります。そして、いくら、がん細胞を切り取ったとしても、NK細胞の機能は低下したままですから、再発してしまう可能性は大いにあると言えます。従って、再発を防止するためには、NK細胞の機能を蘇らせることが重要なポイントとなるのです。

治療で免疫機能復活

NK細胞の機能を蘇らせるためにすべきことは、健康に良いとされる生活を送ることです。ただ、それだけでは、現実問題として、かなり難しいと言えます。しかし、治療を受ければ、可能となります。その治療とは、NK細胞療法という治療です。前述したとおり、がん発症のメカニズムはシンプルですが、それを取り入れているNK細胞療法もシンプルな治療法です。患者からNK細胞を取り出して、活性や増殖をさせ、患者に戻すだけです。ただ、理にかなった治療法ですから、効果は高く、それ故にNK細胞療法は再発防止だけではなく、通常の、がん治療としても有効です。また、患者自身のNK細胞を使用しているので、NK細胞療法には体に優しいという特色があります。その点においても、NK細胞療法は患者には有り難い治療法だと言えます。