更年期障害と闘う貴女へ|理由を知れば安心できる

医師

女性ホルモンの乱れに注意

頭を抱える女性

なぜ体調が悪化するのか

更年期障害とは、ホルモンバランスが乱れることによって起こる自律神経失調症の一種です。女性は40代(更年期)を迎えると、次第に卵巣の機能が低下、女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌が少なくなります。一方脳は体内の女性ホルモンが少ないと感じ、「もっと多く分泌しろ」と命令するホルモンである卵胞刺激ホルモンを分泌します。しかし、卵胞刺激ホルモンが多く分泌されても卵巣が出すことのできる女性ホルモンは限られています。するとホルモンのバランスが崩れ、自律神経に支障をきたすようになってしまうのです。このように更年期障害はホルモンバランスの乱れによって起こり、ほてり・のぼせ・動悸・多汗・めまい・頭痛・倦怠感といった様々な症状が現れます。そしてこれらの症状は人によってほとんど出ない場合と、日常生活に影響を及ぼす場合があります。

対策

自律神経が乱れることにより体に様々な不調が現れる更年期障害。症状が重いと日常生活を送るのも大変です。そこで症状を軽減させるために対策をとる必要があります。1つ目は食生活の見直しです。バランスの良い食生活を送ることで自律神経を整えることができます。特にホルモンバランスを整える亜鉛、エストロゲンと似た働きをする大豆イソフラボンなどを多めに摂取するのがおすすめです。2つ目はリラックス方法を見つけることです。自律神経の乱れはストレスによっても起こります。適度な運動・会話・音楽を聴くなど、自分に合ったストレス発散法を見つけてみましょう。特に適度な運動は血流を促進し、更年期障害の軽減にもつながります。そして一番重要なことは、もし症状が重く日常生活を送ることさえ難しい場合はすぐに婦人科を受診することです。病院では女性ホルモンを補充する治療を行うことができるためです。更年期障害は年をとった女性なら誰にでも起こる恐れがあります。バランスのとれた食事と健康的な生活を心掛け、自律神経を整えることが何よりも大切です。

女性に人気の医療機関

ドクター

仕事を持つ女性が新宿には多いので、内科系の医療機関を探すときには、夜間も女性医師が診療を行うクリニックが最適です。婦人科や漢方薬治療に対応していたり、心の病気にも対応しているなど、独自の治療に取り組む医療機関が中心です。

詳細

がんを退治する免疫力

医師と女性

がん細胞は全身に散らばって増殖する性質があるので、仮に切り取っても再発の恐れがあります。ただ、再発は免疫力を高めれば阻止することができ、免疫力を高める治療法もあります。それが、NK細胞療法です。NK細胞療法は高い効果がありつつ、体に優しい治療法ですので、患者には有り難い治療法です。

詳細

リンパ節の腫れが特徴

婦人

悪性リンパ腫のうち、日本人の9割は非ホジキンリンパ腫であるとされています。悪性リンパ腫の確定診断には組織を採取しての生検が必要です。悪性リンパ腫の治療法には、抗がん剤による化学療法や放射線療法などがあります。

詳細